これまで多くの会社・個人の方がブログに書いておりますが、今日は就職の選択肢を記事にしたいと思います。


目次

・海外就職の選択肢

・駐在員・現地採用の待遇

・3年働いた現地採用が思うこと

D9B6C42E-D23F-4986-A09B-D8750F1B98F3 


海外就職の選択肢

海外就職・転職をする際、大きく分けて2つの選択肢があります。

1)日本で就職して駐在員として赴任、2)現地にある企業で直接雇用される現地採用です。


駐在員とは、日本で就職をして、その会社の命令で指定の国で働くことです。

現地採用は、文字通り現地の会社に直接就職をすることです。



以下、それぞれ実際の働き方やメリット・デメリット、採用までのプロセスとなります。


まずイメージをつけてもらう為に大きな違いです。

違い:雇用契約先が日本国内にある会社か現地にある会社か。給与、補助等の待遇。自分の使える時間。


以下、詳細です。


駐在員

メリット:給与が日本の給与に加えて駐在手当という形で支給される。少し前までは駐在員手当だけで当地で生活出来ると言われていたが最近は現地化が進んでいることと賃金抑制の為にこの手当は減っている。それでも尚良いのは会社からの補助である。分かりやすいところでは、会社から住居の支給や車、国によってはドライバーの支給がある。目に見えないところではあるが、その他に家族帯同の場合、子供の日本人学校にかかる費用や家族の航空券、単身の場合は年に数回の帰国航空券、海外保険などがある。

駐在員が住むようなマンションは下の写真の様な感じになります。(少し遠いですが22の左側はセキュリティーチェックの人達のいる場所です。)


1CF02879-97E1-4573-95B0-4EABAF5D2BE7


デメリット:会社命令で赴任する為、行き先を選ぶことは出来ません。また、会社の命令で来ている為、常時拘束されている様な不思議な勤務体系となっており、例えば土日にも出張者の対応や接待ゴルフ等へ駆り出されることは当たり前です。また、赴任期間も決まっておらず、いつまで居るかは会社の判断になります。


現地採用

メリット:自分の気持ち次第で自由が効きます。例えば行きたい国が選べる、滞在期間も自分次第。会社にもよりますが日本人(給与が高い為)という事を理由に(現地の人から妬まれないように)、最初から役職が高いことが多いです。大変な面もあるかもしれないですが、20代や30代前半でのマネジメント経験はキャリアとしてプラスと考えられます。

デメリット:駐在員と比べて給与は明らかに見劣りし、その他の待遇も比べると悪くなります。駐在員から見下される。




それでも私が現地採用を選んだ理由


若いうちならリスクを取れると考えました。

なぜなら失敗してもまだまだ取り返す時間が何十年もあると考えたからです。
加えて、駐在員だといつ実際に海外に行けるのか明確に出来ませんでした。(いつか、いつかは一生起きません) 


また、海外勤務のキャリアは後々他の人との差別化に繋がると考えました。

体力のある若いうちなら難題も時間×体力で解決出来ると思います。


物事を判断する時、数字、ファクト、ロジックを大切にしています。

これはライフネット生命の創業者で現在は立命館アジア太平洋大学学長の出口 治明さんが判断の基準として推奨しているものです。


数字

・貯金額:日本の20代の給与-生活費 / 海外で働く給与-生活費

→現状維持(国内勤務)も挑戦(海外転職)も貯金できる結果は同じ

・東南アジアと日本の成長率の比較による将来の成長の可能性

→過去を見れば、将来起こる可能性が高いことを導き出せる


ファクト

・日本の若い人の海外志向低下

・日本語+1語学話者に対する羨望の眼差し

→将来より希少価値の高い人材なれる


ロジック

・数字からも分かるグローバル化(私のいる製造業においては現地化)による海外ビジネスの拡大。

→多文化(商習慣)の理解が不可欠

・コモディティ化が終わった後の希少性が高い人材の必要性の拡大

→今でも手作業をしている分野の機械化が終わった後、求められるのは汎用性のない何かに精通した深い理解


83BACF70-D4DD-4FCD-9CE0-679049E64C5D


以上を色々書きましたが、最後に海外就職・転職の判断をする瞬間は「感情」になってきます。

「えっ、ロジックとか言っておいて?」と思うかもしれませんが、だって、怖いですからね。

人生を決める決断は大概感情による判断だと思います。(もちろん数字、ファクト、ロジックを調べた上で感情で判断します)

自分の人生最後に後悔することがないように時間をかけて考え、行動し、決めたら決めた事に向かって全力投球あるのみだと思います。


いつ何時も、決断した瞬間が自分の人生で一番若いです。

若さは20代・30代の最大の強みです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

仕事の探し方を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
現地採用の仕事を探す方法